スポンサード リンク

着床出血っていつ?

着床出血と胸の張り

着床出血の時期によく見られるほかの症状に、「胸の張り」があります。もともと生理前に胸が張るという人も多いので、あまり違和感なく気づかない人もなかにはいるようです。

着床出血の症状は、出る人と出ない人とがいますが、おなかに赤ちゃんが宿った場合、着床出血時期の胸の張りはかなりの人が感じているそうです。

着床出血時期の胸の張りは、いつもなら生理3,4日前頃に張りはじめることが多いのですが、赤ちゃんを授かっている場合、高温期に入ったころから胸が張っている感覚があるようです。人によっては、日ごとに胸の張りが強くなり、生理予定日の頃がピークとなります。

といっても、着床出血と同じで胸の張りにも個人差があります。高温期の間いつもより早く胸の張りを感じていたものの、生理予定日頃にはその張りもおさまり、触れると痛い程度になることもあるようです。

ただ気をつけないといけないのは、最近の下着は体型補正の強いものが多くの人に好まれているため、そのまま着床出血時期の胸の張りが出てきても、いつもの下着をつけているととても窮屈に感じます。

デパートの女性下着売り場の店員さんに聞いた話しですが、ブラのサイズが小さくなってきたので…と来店されたお客様がいて、じつはその方はご懐妊による胸の張りだったのですが本人は気づいていなくて店員さんに指摘されて始めて気づいた、なんてことも実際にあったそうです。

着床出血よりも、この時期、いつもと違う胸の張り具合で自分の体の異変を感じ、赤ちゃんを授かっているかも…と自覚する人がとても多いです。

着床出血っていつ?

着床出血の時期について

着床出血の時期は排卵日から約1週間後〜生理予定日と言われています。実際に着床出血を経験した人の意見を探してみると、着床出血の時期は、生理予定日2、3日前から生理予定日ちょうどまでのことが多いようです。

生理予定日といっても、周期がまちまちの人には難しい話しですし、本来は排卵日後の高温期に入って何日目という数え方で生理予定日を割り出す方が正しいので、やはり基礎体温をつけておいた方が女性の体の変化には何かと参考になることが多いようです。

着床出血の時期を気にする人に多いのですが、着床出血=懐妊のサインと思い、着床出血を待ち望んでいるような人もなかにはいらっしゃいます。

ですが、着床出血というのは懐妊したことには違いありませんが、まだ不安定ですし、何よりあまりいい兆候ではありません…

本来ならば、着床出血など何もなく赤ちゃんを授かっているという方が正常ですし、着床出血のない方のほうが多数です。

ちなみに着床出血の時期は最初にかいた通り、生理予定日あたりですが、おりものは血液というよりは茶色っぽいおりものや、うすい血液のようなものが少量1〜3日ほどあり、その後止まります。

着床出血や初期の下腹部痛というのはあまり望ましい症状ではないので、着床出血がないからといって不安に思うことはないので、安心して下さい。

着床出血っていつ?

着床出血後の妊娠検査薬

着床出血後、妊娠検査薬はいつ試せばいい?

着床出血にかかわらず、やはり女性なので突然の出血やいつもとは違うおりものには敏感になりがちです。
予想外の出血は必要以上に不安や期待に振り回されるといったことも充分に理解できます。
まずは落ち着いて、どーんと構えましょう。これが着床出血だとしたらあせることはありません。今はまだ授かった(かもしれない)奇跡の生命力を信じることしかできることがありません。

着床出血と思われる出血後、もう1〜2週間(または生理予定日から1週間程度)様子を見て、その間に生理が来なければ、検査薬を1、2度数日あけて試してみて下さい。陽性反応が2度続くようだと妊娠の可能性が高いです。すみやかに病院を受診しましょう。


生理周期に自信がないときは?

もともと生理不順がある女性の場合はとくに、着床出血があったり、生理が遅れていたりしても妊娠とは気づかないことも多いようです。
生理不順の場合、排卵日の割り出しがむずかしいとは思いますが、性交日から2週間ほどたって生理よりも少量の血の薄い出血や茶色っぽいおりものがあり、朝の基礎体温が下がっていなければ、妊娠検査薬を試してみるといいかもしれません。


赤ちゃんを望む・望まないにかかわらず、大事な自分の体、そして母になれば自分のものだけではなくなる体ですから、普段から健康的な生理を迎えるようこころがけ、少しでもいつもと違う症状があるときには、すぐに気づける体作りをしておくことが大切です。



着床出血っていつ?

着床出血はいつの時期にどんな症状?

着床出血とはいつおきるのでしょうか?

毎月の生理周期が順調にきていると仮定して、基礎体温を計っていると、通常低温期から高温期へかわる境目、いったん基礎体温が一番下がる日があります。その日が排卵日と考えられており、その排卵日から数えておよそ1週後に受精卵が子宮内膜に着床した際に起こる出血です。

もし、生理周期が28日の方だと、生理開始日を1日目と数えて排卵日は14日目頃、着床出血は21日目頃が目安となります。
ただし、あくまでも目安です。そもそも排卵日が14日目頃というのが目安にすぎないので、本当は実際の排卵日からおよそ1週間後となります。
たとえば排卵が遅れた場合、当然着床出血も21日目頃より後ろにずれるので、生理予定日前後に起こり、生理と勘違いされることも多々あります。


着床出血の症状とは?

妊娠準備のできている子宮内膜に受精卵が着床した時に子宮内膜が少し溶けて、それが少量のおりものとして出てくる現象です。
出血とはいっても生理とは違い、おりものといった感じで大量ではありません。
出血と呼ばれていますが、茶色っぽいおりものから薄い血の色のことが多く、また、出血期間も1日〜1週間と人によってバラバラです。


着床出血は必ずある?

着床出血はどちらかというとない人の方が多いようです。
おりもの程度であまり記憶に残っていない人もいれば、着床出血が長く続く人の場合、妊娠とは気づかずに軽い生理と勘違いする場合もあるようです。




着床出血っていつ?

着床出血とは

着床出血とは、受精卵が子宮に着床したときにまれに起こる出血で、すべての人に起こるわけではなく、着床出血の出ない人もたくさんいます。
着床とは卵巣付近で出会った卵子と精子が無事受精卵となり、細胞分裂を始めます。と同時に卵管を通って子宮内に降りてきて、ふかふかの子宮内膜に定着し、ここで受精卵が育っていきます。これが着床です。この着床時に子宮内膜が少し溶け出しておりものとして体外へ出て行きます。そのときが着床出血といわれる現象です。

出血というと、よくないことがおきているのかと不安にもなりますが、この場合は生命誕生の瞬間のサインという女性にしか味わえないとても神秘的な体験とも言えます。

赤ちゃんをのぞむ女性にとって、授かったかどうかは1日でも早く知りたいのはもちろんのこと。でも無事赤ちゃんを授かれたかどうかは体の変調を待つしかありません。

ですが、女性の体はとっても複雑にできていて、たとえば生理周期ひとつとってもなかなか自分の予想通りにやってくるとは限らないものですよね。それが一生に何度経験できるかわからないご懐妊となると、もう最初から予想のつかないことの繰り返しです。

着床出血ではなく初期流産による出血だったという場合もあるかもしれません。人の体は個人個人で違うので、一般的な情報はあくまでも目安程度に考えて、必ず信頼できるお医者さんに相談しましょう。

hanga098 at 21:57着床出血とは この記事をクリップ!
妊娠に役立つBOOKS
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)